Geothermal Heatfor a SustainableFuture

Our new technology will accelerate
the transition to clean energy.
It will improve the communities and
the people working there.
エネルギーの未来を変える
SCROLL DOWN
 
 
ABOUT GEOTHERMAL HEAT

地下10mより深い層では、大気の温度変化の影響を
受けず
1年中安定した温度を保っています。
特に地下10m~200mの帯域は気温やマグマの
温度の影響を受けず、
地上の年間平均気温と同等の温度となっており、
この温度帯と地上で温熱・冷熱を交換して
エネルギーを利用することを地中熱利用といいます。
また、同帯域に溜まり、緩やかに流れる地下水も
同様の理由で年間を通して安定した水温を保っており、
地中熱と同様にエネルギー源(地下水熱)としての
活用が可能です。

イノベックスでは従来の地中熱工法の4~5倍で、
一つの熱源孔から
“水資源”と“熱エネルギー”の両方が
取り出せる、日本初の独自技術
「ヒートクラスター®」
を自社製品と融合させることで、
環境負荷低減だけでなく
事業価値向上へのソリューションを提供します。

地下10mより深い層では、大気の温度変化の
影響を受けず1年中安定した温度を保っています。
特に地下10m~200mの帯域は
気温やマグマの温度の影響を受けず、
地上の年間平均気温と同等の
温度となっており、この温度帯と地上で
温熱・冷熱を交換してエネルギーを利用することを
地中熱利用といいます。
また、同帯域に溜まり、
緩やかに流れる地下水も同様の理由で
年間を通して安定した水温を保っており、
地中熱と同様にエネルギー源(地下水熱)
としての活用が可能です。

イノベックスでは従来の地中熱工法の4~5倍で、
一つの熱源孔から“水資源”と“熱エネルギー”の
両方が取り出せる、日本初の独自技術
「ヒートクラスター®」を自社製品と融合させることで、
環境負荷低減だけでなく事業価値向上への
ソリューションを提供します。

ADVANTAGES OFINTRODUCTION
導入メリット

化石燃料に依存しない地産地消の
再生可能エネルギーを
活用することでCO2の排出削減ができます。

大気中に排熱しないため、
ヒートアイランド現象の抑制効果があります。

ランニングコストの削減と事業価値の向上に
寄与します。

環境、防災、自立を実現した
社会づくりに貢献できます。

ADVANTAGES OFUTILIZATIONIN AGRICULTURE
農業への活用メリット

冬季のボイラー使用等による
化石燃料の削減ができます。

夏季のハウス内冷却など通常のエアコンでは
困難な栽培環境を実現することで
強い農業づくりをサポートします。

IoT 技術や通信技術を併用することで、
高効率・高収益化に寄与します。

ADVANTAGES OFUSE IN OFFICESAND BUILDINGS
事業所・建築物への
活用メリット

空調のランニングコストの
削減が
できます。

室外機のないスッキリとした機器構成で
建物の美観を損ねません。

採熱孔は防災井戸として利用可能です。
(ヒートクラスター®方式)

AND MORE

BRAND MOVIE

ブランドムービー

株式会社イノベックスは、2020年4月より製造を担う子会社である日本ウェーブロック株式会社、及びダイオ化成株式会社を吸収合併し、名実ともに製販一体の新たなTeam(会社)に生まれ変わりました。
今後も引き続き、ウェーブロックホールディングスグループの中核会社として、産業資材、農業資材、生活資材、包装資材等のグループ内経営資源の融合を行い、グループとして掲げる、「異なる素材を組み合わせて革新的な製品を作り出す」という“Integration for Innovation”を実現するために、革新的製品を作り出すのみにとどまらず、ニーズに見合った“Solution”も加えて提供できるビジネス活動をよりいっそう加速させて参ります。
そして、会社のビジョンとミッションを通じて社会に大いに貢献できるTeamづくりを目指します。

INITIATIVES for SDGs

SDGsへの取り組み

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

産業と技術革新の
基盤をつくろう

住み続けられる
まちづくり

SDGs
SDGs

イノベックスではお客様の熱エネルギーの課題に対し独自のソリューションを提供します。
環境に配慮しながら十分なエネルギーを確保して「事業の拡充を図りたい」
「農業ハウスを冷房したい」「工場から排出される温熱・冷熱を再利用したい」
「エネルギーコストやCO2排出量を削減したい」「SDGsの取り組みを進めたい」等の
地中熱をはじめとした再生可能エネルギー活用に関する豊富なノウハウをもって
トータルなメリットにつながる最適解を提案します。地中熱利用システムは、
再生可能エネルギーのなかでも「太陽光や風力と異なり天候や地域に左右されない」
「空気熱利用と異なり大気中へ排熱を出さない」「CO2の排出量を削減できる」といった
メリットを有するシステムとして、ヒートアイランド現象の緩和や
地球温暖化対策への効果が期待されています。

イノベックスではお客様の熱エネルギーの課題に
対し独自のソリューションを提供します。
環境に配慮しながら十分なエネルギーを確保して
「事業の拡充を図りたい」「農業ハウスを冷房したい」
「工場から排出される温熱・冷熱を再利用したい」
「エネルギーコストやCO2排出量を削減したい」
「SDGsの取り組みを進めたい」等の
地中熱をはじめとした再生可能エネルギー活用に
関する豊富なノウハウをもってトータルなメリットに
つながる最適解を提案します。
地中熱利用システムは、
再生可能エネルギーのなかでも
「太陽光や風力と異なり天候や地域に左右されない」
「空気熱利用と異なり大気中へ排熱を出さない」
「CO2の排出量を削減できる」
といったメリットを有するシステムとして、
ヒートアイランド現象の緩和や
地球温暖化対策への効果が期待されています。

 

ABOUT

FUKUROI FACTORY

袋井工場について

今回地中熱利用システムが導入される、静岡県袋井市にある株式会社イノベックス ダイオ袋井工場は、国道 1 号線に面した工業地域の一角にあります。ダイオ袋井工場は、1956 年に東海編織(株)として、国内で初めて合成繊維による防虫網の製造を開始、1964 年袋井工場設立、1970 年にダイオ化成に称号変更しました。2005 年にウェーブロックグループの一員となり、今年 2020 年 4 月に株式会社イノベックスに経営統合した。現在まで、家庭用の網戸に使われる防虫網(ぼうちゅうもう)の製造では国内トップのシェアを維持しています。

COMPANY PROFILE

会社概要

株式会社イノベックス
 
設立 2013年2月6日
代表取締役 兼 執行役員社長 浅見 昌之
本社所在地 〒104-0044 
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー13F
URL http://www.innovex-w.co.jp/
事業内容 プラスチックシート・フィルム、合成繊維製網製品、
その他加工製品、関連
商品の販売
ウェーブロックホールディングス株式会社
設立 1964年6月20日
代表取締役 兼 執行役員社長 石原 智憲
本社所在地 〒104-0044 
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー13F
URL http://www.wavelock-holdings.com/ja/index.html
事業内容 持株会社、グループ全体の戦略策定、
資源配分、経営管理
株式会社
エイゼンコーポレーション
所在地 〒371-0103 
群馬県前橋市富士見町小暮1527-9
URL https://e-eizen.jp/
  出資比率:100%
※主として土木工事事業、水道施設工事事業、舗装工事事業、地中熱関連設備工事事業を担っております。

TOP